(untitled)

(untitled)

冬の空の碧さが清んでいて、ここに桜の薄紅を差したらキレイなのにな。と、まだ蕾にもならない桜の枝を見上げて思った。

name
email
url
comment